← HOME

← 詩・散文目次

 詩・散文 Side-A 041-060 

 041-060 タイトル

060 ないしょばなし
059 再見
058 真っ赤なうそ
057 飽和水蒸気量
056 多いのと少ないの
055 表情(かお)
054 月と雲
053 ス キ マ
052 少しだけ
051 な忘れそ
050 Help me
049 夜の散歩
048 時間
047 煙草
046 霧雨
045 朝もやけ
044 あいたさかげん
043 ライター
042 おしゃべり男
041 決心

 本編

060 ないしょばなし
だれにもきかれないように

みみもとで

ないしょばなし


なんか

きもちまでくすぐったいね


059 再見
家に帰らなきゃいけないときの言葉は

「さよなら」 じゃなくて

「また会おうね」


それだけでいい



うん、また会おうね


058 真っ赤なうそ

俺の血って

青いんだぜ


057 飽和水蒸気量
夏の終わりの

湿った風

きっとこの部屋の水分が

飽和してるんだ


涙が出てきてくれない


056 多いのと少ないの
ただ一言のほうが本当の気持ちに近い気がする
でも言い足りない気がして
どんどんつけ足してって
なんだかだんだん違う気がする

気持ちを全部言葉にすることはできないって
わかりすぎる程わかっているのに
それでも あきらめきれずに
多いのにも 少ないのにも
結局満足できない

欲張りな僕ら


055 表情(かお)
わらってみよう わっはっは

おこってみよう ぷんぷんぷん


あなたいいま どんなカオをしてますか?

わたしはいま どんなカオをしてますか?


054 月と雲
月が綺麗

雲がはやい


ただ月を見ているだけで

僕はどのくらい過ごせるだろう

二人ならどうだろう

みんなで見たらどうだろう


あなたは誰とどのくらい月をみてますか?


053 ス キ マ
しめっぽくて 生温い風

ゆれる深緑の葉のすきまを

貫いていく

僕の心をも貫いていくのに
スキマだらけのそれは
ちっとも軽くなれずに
重たいまんま


052 少しだけ
少しだけ 少しだけ
僕ができることは少しだけだけど

少しでも 少しでも
君のためになるのなら
僕の少しだけを
全部あげる


051 な忘れそ
僕といたことを


忘れないで


僕がいることを


忘れないで


050 Help me
何かあったときに
お互いに助け合える存在でいたい
「そういよう」と約束した

でも
たまに君が泣きながら電話してくるように
僕が君に助けを求めることはっきっとない

だけど
求めれば助けてくれる人がいるということが
それだけで
僕を助けてくれる


049 夜の散歩
何でもないけど
近くの公園まで散歩

ブランコに腰かけて
ぼんやりしてみる
電車の音がきこえる

誰かがみたら
さみしそうに見えるのかな

ぼくは少し楽しいのに

少し楽しいのに
しばらくすると
少しさみしくなってきて
家に帰ろうとすると

おっきなカエルが どんっ と跳んだ
まっすぐなミミズが歩いていた

やっぱり少し楽しいや


048 時間
あんなに好きだったのに

それだけ好きになるために時間より
ずっと少ない時間で
だんだん
ただの好きになっていく
(もちろん特別には違いないのだけれど)

なんだかさびしいね
すごくさびしいね

ほんとに君のことを想っていたのかな
なんて考えちゃうくらい
あっというまに過ぎていく

でも
あのときは
心の底から
「あいしてる」って
言えた自信があるなら
それでいいんじゃない?


047 煙草
思い出になったら
また会いたいね

大丈夫
煙草を吸い始めた僕と
煙草が嫌いな君は
もうキスできないから
だから安心して


046 霧雨
ずっと降りやまない霧雨が

傘をささない僕の顔にあたる

なんだか

いまの君と僕の関係みたいな痛みだ


あ〜 もう 降るなら降れよ


045 朝もやけ
あー もう明るくなってきた
ほんの15分で景色が変わっていく

まだ新聞配達も始まらないのに
僕の横を過ぎていく車やバイクは
なんでこんな時間に走ってるんだろ

仕事かな?なんかの用事かな?
それとも僕みたいにバカやって遊んでたりして


さっきまで遊んでた友達と分かれて
朝もやけの坂道を自転車で登る

さみしい気もするけど
なんか楽しい気もして
変に笑いがこみ上げてくる

このまま完徹しようかとも思ったけど
ちょっとフラフラする体を投げ出して
やっぱ ちょっとでも眠っとこう


044 あいたさかげん
いま 一番 あいたくない人は

      あなたです。


でも 一番 あいたい人も

      あなたです。


043 ライター
何がしたいかよく分かんなくて
とりあえず今日することだけ決めて
忙しいフリして
他のことを考えないようにしてる

なんか最近の俺って
逃げてばっかりじゃねぇ?

君との約束をやぶるために
タバコなんか吸ってみたって
ライターの音まで
"ショボイ"って聞こえる


042 おしゃべり男
気が付かないうちに
ひとを不快にさせてしまった
なんで機嫌が悪くなったのか
全然分からなかった

そんで いまもよく分かってない
悪口を言ったわけでもないし
僕は普通に話してただけ

だけど きっと いつのまにか
自分中心になったいたんだね
「そう思って」いたのは僕であって
君じゃない
それを押しつけてしまったかなぁ

人の価値観はそれぞれで
そんなこと分かってたはずなのに
でも やっぱり そうなってしまったのは
よく分かってなかったからかもしれない
あ゛〜、難しい


そんときには(なんでだよ!)って思ってて
いまごろ やっと余裕ができてから
こんなことに気付いたって
遅いかも知れないけどさ

でも 反省してるからさ
反省したからって 俺はバカだから
次もまた 同じことするかもしれないけど

でも 遅ればせながら
その度に反省するから

懲りずに僕と話をしてよ
いっぱい話そうよ

あんまり僕がおしゃべりだったら
ストップをかけて
今度は君のことを話してよ


041 決心
今日やること
いまからやること
明日やること
やろうって決めたら
ちゃんとやるんだって決めて
そうやって暮らしてみたら
とっても疲れるんだけど
充実した日々

だけど
今度も会えないって言われて
「あっそう」って
あきらめることになれてしまって
簡単にあきらめられるように
期待しないで約束するようになってて
それでもやっぱり
「会えない」てことになったら
決心のリズムが狂って
一気に心がつかれてしまった

ねえ、僕はもうつかれたよ




← 詩・散文目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー