← HOME

← 詩・散文目次

 詩・散文 Side-A 061-080 

 061-080 タイトル

080 地震
079 綱渡りの棒
078 偶然の層
077 始まり
076 ずるさ
075 百面相
074 ハラヘッタ
073 月曜の昼下がり
072 死因
071 弁護人
070 ばったり
069 解凍
068 やさしいひと
067 恋心
066 道程
065 二種類
064 大切な人たちへ
063 春夏秋冬
062 落ち葉
061 パンギンゼブラ

 本編

080 地震
ユラユラゆれる あたしの心
フラフラしちゃう あたしの体

S波が来たのに P波が来ない

ヘラヘラしてる あたしの心
イライラしちゃう あたしの頭

ふるえてたのは 世界じゃなくて
半分浮いてる あたしだけ


079 綱渡りの棒
見られている それを常に意識せよ
見えている 見られている 見せている 見せないでいる
全ての自分を漠然と意識せよ

揺れるのだ 私の一歩ごとに
おさまるのを待って
次の一歩は また揺れるのだ

下を見てはならぬ それ以上進めなくなるからだ
よく分からぬ ワライがこみあげてくる

上を見てもならぬ それ以上進めなくなるからだ
何もかもが バカらしくなる

一本の棒を持って進め
その長さ 短さ 重さ 軽さ
全てを適当にして

前方をぼんやりと見つめ
同じように歩む者を見つめ
自分を見る者を見よ

さあ ごろうじよ
これが私の歩み方でござい


078 偶然の層
偶然も重なれば必然になるなんて
そんな奢った考えはないから
震える背中を
ただ守りたいと思うことくらい許して

僕のこの手は
君のために空けているわけじゃないけど
軽く押しただけで飛んでいきそうな
君を支えることくらいは
たぶんできるはずだから


だけど独り言でさえ
こんなこと口に出せないのは
自覚して止められなくなるのが嫌だから

そして口に出すつもりもないのは
傷付くのがこわいからじゃなくて
君を困らせたくないから


077 始まり
何気なく外を見ていたら
雨が降り始めた
そこにあるのは始まりの音

少し嬉しくなるのは
いつもは気付かず始まっているから
いろんなことが

それは自分の気持ちすらそうで
酷いときは終わりに向かっているのかどうかさえ
わからない

強くなる雨の音を聴きながら
こうして始まりを大切に思うのは

これからを大切にしたいから

いつか来る終わりを覚悟しておくため


076 ずるさ
「好き」という言葉を

こんなにたやすく言えてしまう

そんな自分をずるいと思う

そのずるさを自分に許してしまった


075 百面相


平気な顔をする練習


074 ハラヘッタ
オカシイナ

ハライッパイタベタノニ

ココロガイッパイニナラナイ


073 月曜の昼下がり
いまはとっても 月曜の昼下がりで

ひゃっくりが止まらないときのように
少し不安で
少し楽しくて
ぼくは 寒くてくしゃみをしたけれど
ぼくは 眠くてあくびをしたけれど

うたたねするのももったいなくて

雨の音を聴いていた


072 死因
僕の内側に
狂気があるんだったら
誰にも
僕にも
気付かれないうちに
殺して下さい


071 弁護人
こころの中の出来事を
裁くのが自分だとしたら

それに対しても
黙秘権を行使する僕は
情状酌量の余地なし


だけど
こんなことを考えてる時点で
既に自己弁護


070 ばったり
約束もしてないのに
誰かとばったり会うのって
ちょっとドキドキ

なぜかちょっと恥ずかしかったりして
変な感じ


だけど
いつも僕のほうが先に見つけるのは
キョロキョロと
誰かを探さずにいられないから?


069 解凍

溶けていく

夜の寒さに

凍らせていた 想いが


悪くなった肉のように

赤い汁が滲む


068 やさしいひと
彼は言う
「自分は何てやさしくないのだろう」と
それは見ていて痛々しいくらいで
「もっと何かできたはずだ」と
決して自分を許さない

そんなに傷ついてばかりじゃ 壊れちゃうよ
やさしすぎる人にとって
生きて行くのはつらいことなのだろうか?

そのやさしさのヒトカケラでも自分に向けてくれれば…
きっと彼が一番やさしさに飢えている

私が「じゅうぶんだよ」と言っても
きっと彼は満足しない
私は彼にやさしい言葉一つかけてあげられない

願わくば こわれそうな彼のやさしさが
強さとなって
誰かの心に残るように


067 恋心
誰かを好きになるって どんな気持ちだっけ

どっかに置いてきた?
わざと忘れてきた?


だけど
探しに戻ろうとは思わない

新しいやつを見つける


066 道程
僕の前に道はない
ただ未知があるだけ

僕の後に道はできる
そして既知ができる
僕の拠点 帰るべき場所としての
基地がある

自分の陣地である基地から出なければ
分からなくて困ることも
不安になることも 戸惑うことも
こわくなる事だってないかもしれないけど

新しく楽しいことに出会うことだってないから


僕は未知を行く


065 二種類
2種類のタバコを
かわりばんこに吸ってみる

ひとつはあの娘が吸ってたやつ



まだ吸いなれない僕は
これくらいのことで気持ち悪くなって

ほんと
バカみたい


064 大切な人たちへ
うれしいことがあったとき
たのしいことがあったとき
少しでも僕に伝えたいって思ったら おしえてください

悲しいことがあったとき
哀しいことがあったとき
もっと僕を頼ってください
あなたがつらいと僕もつらいんです

頼りないかもしんないけど
結局何もできないかもしんないけど
もっと僕を頼ってください
あとからあなたがつらかったことを知るのは
とてもつらいんです

例えそれがただの傷の舐め合いになってしまっても
他の誰かに共依存だといわれてしまっても
いまの僕たちにそれが必要ならば
それでいいと思うんです
僕たちはいまを生きているのだから

もし もしも あなたも僕を
大切だと思ってくれているとしたら


063 春夏秋冬
はじめて君を抱いたよる

ながい沈黙をただ待つ

あまりにも君が好き

ふるえる瞳に涙を見ゆ


062 落ち葉
はらはらと 落ちていく

一度 色付いた葉は
二度と 鮮やかになることはなく

はらはらと 落ちていく
音もなく 積もっていく

根もとのとこで 光もささず
気まぐれに カサカサとなる

はらはらと 落ちていく
音もなく 積もっていく
時折 風に 舞い上がる


違うところといえば
僕のほうは 土に還れない


061 パンギンゼブラ
パンダみたいに
ペンギンみたいに
シマウマみたいに

白黒はっきりしてない


なんだかよくわかんない僕は
幻の珍獣

「パンギンゼブラ」




← 詩・散文目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー