← HOME

← 詩・散文目次

 詩・散文 Side-A 081-0100 

 081-100 タイトル

100 目深
099 分身
098 菊
097 夏の桜
096 バラの花びら
095 満開の桜
094 自分勝手
093 エッチ
092 王蟲の瞳
091 イタイイタイ病
090 シタイ
089 待機
088 強風警報
087 頭まで浸かる
086 目薬
085 階段
084 寝顔
083 白息
082 重心
081 葉布団

 本編

100 目深
目深にしてた帽子を 君が盗ってった

眩しかったのは 陽ではなく君の笑顔で

瞼に焼きついて 消えてくれない


この光を手に入れるための痛みは
犠牲というのだろうか


099 分身
もしも いま

僕の目の前に僕がいたら

こんな奴なんか

思い切り

殴ってしまうのに


098 菊
大輪の菊が咲く

体に対し大きすぎる頭
潔い 頭でっかち

それだけに全てを懸けるも
朽ち果てるのすら運命(さだめ)だと
嘆くこともない

大輪の菊がそよと揺れる


097 夏の桜
窓の外に目をやる

梅雨の晴れ間の
夏の予告の風に
深い緑が揺れている

こんなにざわついている
僕の心とはうらはらに

どんなにざわめいても
きもちよく揺れている

耳をすますと
波の音に似ているな

深呼吸して
黒板に目を戻す


096 バラの花びら
原付をとめようとしたら

隣の庭のバラの花びらが

パラパラしいてあった


ちょっとひかえめな

バラのじゅうたんに

ちょっとえらくなった気になって

せきばらいをしてみる


095 満開の桜
この長い坂道の両側が
桜色に染まる
今年は少し早いみたいだ

なんて悲しい色なんだと思うのは
出会いと別れの季節だからだろうか、なんて
君を思い出すからに決まっているのに
気付かないフリをする

早く緑の葉がでてくればいい
この陽気なら一週間もいらないだろう

あたたかい風が まどろみの中に
君を連れて来てしまいそうで
うたたねもできやしない

だけど
一週間後 満開の八重桜と 黄緑色の風の中
元気に自転車をこぐために
いまはこの長い坂道を ゆっくり歩こう


094 自分勝手
ありのままに受け入れたい僕と
どうしても何かに例えたい君は

結局 一緒にはいられないんだろうか


君といるとイライラしてしょうがないんだ


どうしても他人でしかありえないとわかったうえで
他人の話を聴こうとしているつもりなんだけど

君といると自分勝手な僕ばかりが見えてきて

イライラしてしょうがないんだ


093 エッチ
じつは終わった後に抱き合っているときの
あの感じを味わうためにするのかもしんない

じゃあ してるときは何なのよって
怒っちゃうかなぁ?
怒っちゃうかもね
だから これは内緒ね


でも こうやってぽかぽか気分で
お昼食べているときに
君を思い出してみたら

そのときの幸せそうな顔が浮かんできて
いいなっておもったんだ


092 王蟲の瞳
「どうしよっか?」と君が言い
「とうしたいの?」と僕が言い
「わからない」と君が言い
「じゃあ、こうしてるしかないんじゃない?」と
僕は冷たく言い放つ

怒った王蟲の様な街の灯が
ホントに全部壊し始めたら
君を連れて逃げ出せるのに


091 イタイイタイ病
みんな自分で居たくって
みんな自分で痛くって

居たい居たいと泣きながら
痛い痛いとうずくまる


僕は君と居たくって
だけどいつも痛くって

居たいけど痛くって
痛いから居たくなくって
痛いけど居たくって
痛くても居たくって

痛い痛いとと泣きべそかいて
居たい居たいとここに居る


090 シタイ
あれがシタイ
それがシタイ
どれがシタイ?

あれもシタイ
それもシタイ
なにがシタイ?

どれがシタイ?
なにがシタイ?
わからないの?

けっきょく なにもしないのなら
そこにころがるのは
きみの死体


089 待機
待つのが得意なわけじゃない
我慢することに慣れてしまっただけ


088 強風警報
強い風にむかって歩いていく
冷たい風のなかを歩いていく
負けるもんかと、闘志が湧いてくる
押し返されないように踏ん張って歩いていけば
風が止んだとき、次の一歩が強くなる気がして
負けるもんか、と歩いていく


087 頭まで浸かる
夜。
なんだかイライラする。
もやもやした気分のままお風呂に入る。
浮いてくる血管を切ってしまえば血はでるだろうか。
見てみたい気がする。
鮮血。
生きてる証。
頭を冷やそうと思い、頭まで浸かる。
聞こえるのは自分の心臓の音。
少し早い心臓の音。
生きている。生きている。
落ち着いてきた。
しばらく僕の音を聴く。
だんだん早くなってくる。
ふう、頭に血がのぼった。
ボーっとして何も考えられない。
まぁ、これでもいいか。

そして、白ワインをコーヒーカップで飲んでいる。


086 目薬
もう君のことくらいじゃ
涙も出なくなったから
目薬を点して
夜風に晒して
恋をしている気分になって
偽りの切なさに
白い溜息を吐いてみる


085 階段
幸せへ続く階段は
螺旋に昇っているから
登り方が分からなくて
2・3歩上がったところで
後ろ向きに座り込んだ

顔を上げると
まだ道は続いていた


084 寝顔
こんなにも無防備な君を
全て手に入れるチャンスだと
寝ている君を食べちゃったとしたら

たぶん 一番幸せで
たぶん 一番不幸せ

そんな僕の気持ちなんか知らないで
安心しきって寝てるから
起こしても構わないと
君の口唇を食べた


083 白息
よかった

どうやら僕の中身は

周りの外気より

冷えきってはいないようだ


吐く息が白い


082 重心
ほんのちょっとの勇気が手に入らないと君は泣くのか

バランスを崩した君は けれど強いから
少しの間 よりかかるものがあればまた歩き出せる

僕はきっと重心がズレているから
いつも不安定で
誰かによりかかられているときだけ正常に思える

支えられているのは僕の方で
正常に戻してくれる何かをいつも探している

けれど手に入れた安定では
それが邪魔になって
やっぱり前へ進めなくて
突き放すように背中を押した僕は
僕のほうがバランスを崩して

また ズレたまま
安定をもたらす重みを探している


081 葉布団
はっぱがおちる
グルグルおちる
おちることすら たのしむように

はっぱがおちる
リラリラおちる
おちるものかと わずかにあえぐ

はっぱがおちる
ユラユラおちる
ねぞうのわるい こどものために
母がかぶせる 毛布のように




← 詩・散文目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー