← HOME

← 替え歌・歌詞目次

 オリジナル歌詞 

 11-20 タイトル

13 置き傘
12 紅葉色の風
11 Self Portrait

 本編

13 置き傘
玄関に立ててある 見慣れない傘
僕ん家の飲み会で 忘れた傘

あのとき君はいつも通り ずいぶん早く着て
「ほら こんなに冷たいの」と
手袋もしない手を僕に握らせた

いつになったら返そうか
それまでずっと預かっておくよ
なんてことはないビニール傘が
僕たちをつないでくれてる
玄関に立ててある 見慣れた傘
柄にシールを貼った 透明な傘

あのときみんないつも通り 飲みながら笑って
「卒業おめでとう」の
乾杯がサヨナラを一緒に含んでた

いつになったら返そうか
それまでずっと預かっておくよ
またみんなで集まる日まで
僕たちをつないでくれてる


12 紅葉色の風
うろこ雲が空を泳いでいく
僕は止まって息継ぎをする

二人が散歩をよくしたのは
息苦しかったんじゃないよね

いつもの公園の いつものベンチ
急に立ち上がって 悪戯に笑って

つむじ風が集めた 落ち葉を空に散らして
僕の目の前を 紅葉で染めてみせた
君はもういないのに わざと端に座って
冷たくなった手を ポケットで暖めてる



この川は流れが緩やかだから
鏡みたいに景色が映る

水際のカエデが赤くなったら
きっと来ようね  そう言ったのに

約束嫌いの 君の約束
嘘ではなくて あのときの本当

暗くなれば紅葉も 何も関係ないと
タバコの光を揺らしたホタル一匹
留まるのはいつでも 焦げた君への想い
くすぶった火を消したのは 紅葉色の風

いつのまにか季節は 紅葉色の風



11 Self Portrait
彼は描きつづける
彼の真理を捕まえるため
何もなく薄暗い部屋の中
一塊の炭を握り締めて

彼の絵は売れるはずもなく
絵の具を買う金もなかったが
そんなことは一向に構わず
とにかく彼は描きつづける

何を描いてもどこか彼の似顔絵で
だけど彼を表してはいなかった
何もない部屋 鏡もなく
あいつにもらった目玉くらいの
水晶玉に映した彼の顔

自分の顔を描くなら目を瞑れ
とあいつは言った
なんだよ 暗闇しか見えねぇじゃねぇか
何か隠れてやしないかと
汚れた手で瞼を押すと
幾何学な光に襲われて 目が眩んだ




もとから何もない彼の部屋
夜になると何も見えないが
それでも彼は描きつづける
彼の真理を紡ぎだすため

朝になって光が当たると
出来上がった絵には赤があった
彼の指先は炭と血で混ざり
初めて彼の絵に色がついた

光を当てようと外へ飛び出した彼は
歓喜の声をあげる 一変する世界
ついに見つけたのは鮮やかな世界
彼の心理は部屋の外にあった

更なる真理を求めて 彼は旅に出る
もとから何もない部屋 持ち出したのは
スケッチブックとあいつにもらった水晶玉
最後に一度顔を映すと
出来たばかりの似顔絵で包んで
できるだけ遠くに放り投げた

それを拾ったどこかの誰かが
紙を開いて眺めてみると
初めて描いた彼のサイン
遠慮がちに左隅に 「Y」




← 替え歌・歌詞目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー