← HOME

← かけまして目次

 かけまして 

 121-140

140
「処女とかけまして、ホットミルクと解きます」

「その心は?」

「どちらも膜が張っています」


139
「夜の学校とかけまして、真面目すぎる先生と解きます」

「その心は?」

「人気(ひとけ / にんき)がありません。」


138
「ウンチングスタイルとかけまして、オシャレ着と解きます」

「その心は?」

「気張った格好です」


137
「風邪の初期症状とかけまして、自宅生の家事と解きます」

「その心は?」

「おかん(悪寒 / お母ん)がします」


136
「『寒いので』とかけまして、『寒いけど』と解きます」

「その心は?」

「くるまで(車で / 来るまで)待ってます」


135
「『君の運転技術は車を見れば』とかけまして、『一日10回愛してると言う』なんて当たり前過ぎて、と解きます」

「その心は?」

「乗るま(ノルマ)でもありません」


134
「立て付けの悪い窓とかけまして、不良の口答えと解きます」

「その心は?」

「ガタガタいってんじゃねぇよ」


133
「エッチのときの君とかけまして、大トロと解きます」

「その心は?」

「脂ののったマグロです」


132
「面白い先生とかけまして、ヘビと解きます」

「その心は?」

「したわれてます(慕われてます / 舌、割れてます)」


131
「残暑とかけまして、カッパえびせんと解きます」

「その心は?」

「なかなか、あき(秋 / 飽き)が来ません」


130
「ネット友達とかけまして、後背位と解きます」

「その心は?」

「顔は見えないけど、つながっています」


129
「女の子とかけまして、アンラッキーと解きます」

「その心は?」

「ついていません」


128
「積み重ねた嘘とかけまして、ネクタイと解きます」

「その心は?」

「自分の首を絞めます」


127
「『浮気なんてしてねぇよ。本当だよ!』とかけまして、『Cはあるわよ。本当よ!』と解きます」

「その心は?」

「自分の胸に聞いてみなさい」


126
「秋葉系ファッションとかけまして、お好み焼きのソースと解きます」

「その心は?」

「おたふく(ヲタ服)です」


125
「『君が好きです』とかけまして、『同じこと何回聞けばいいのよ』と解きます」

「その心は?」

「もうはなし(離し / 話し)ません」


124
「ザキとかけまして、『もうあなたしか見えない』と解きます」

「その心は?」

「殺し文句です」


123
「『夏の間遊んでばかりいたキリギリスにアリは食料を分けてあげました』とかけまして、『これで最後にするから金貸して』と解きます」

「その心は?」

「虫のいい話です」


122
「思春期のエロ本とかけまして、マグロと解きます」

「その心は?」

「捨てるところがありません」


121
「小遣いUP要求とかけまして、ビタミンA不足と解きます」

「その心は?」

「よめ(嫁 / 夜目)がききません」




← かけまして目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー