雑記目次へ

2002年 11月前半


  11月 1日

鼻がつまって
のどが痛くて
頭がボーっとします。

どうやら恋の病風邪をひいたみたいです。
流行ってるらしいので皆さんも気をつけてください。
こんなところだけ流行に乗らなくたっていいのになぁ。



P.S 誰ですか!背景気持ちわるいって言う悪い子ちゃんは。
  これでもマシになったんだから!!>ローカルで酷いことになったらしい。

  11月 3日

今日はちょっと用があって岩手県北上市に行ってまいりました。

一昨日の更新でも分かる通り、体調に不安を起こしたままの出陣でしたが、
一応まだ若いんでちょっと寝れば、ほらこの通り……


……とりあえず動けるようにはなるわけで…。>ショボッ


のど飴から何から、いろいろ持参していきました。

でもそろそろ献血行かなきゃないらないんで
薬飲めないからちょっとたいへんです。>豆知識:風邪薬などを飲むと3日間献血できません。





それはそうと、行きの高速バスの時間しか調べないで行ったから、アクセス悪くて大変でした。
もともとバス少ないし…。

ってことで、北上駅に着いてから目的地までのバス時刻までしばらく時間があったんで
現地集合で既に歩き疲れた友達を置いて、ひとりでぶらぶら駅周辺を探索しました。




知らない土地って面白いですね。
様々な小さな発見をしながら進んでいくうちに、神社がありました。
七五三の時期らしく、かわいい着物を着たお子さん達が楽しげに写真などを撮っています。
子ども好きの唐黍にはたまりません。
微笑ましい思いで横を通り過ぎ、ついでにお参りしてきました。>願い事は、ナ・イ・ショ!



そんなこんなしているうちに、もうすぐバス時刻です。

「さあ、そろそろもどろっかなぁ。」

と、歩き始めたものの、なかなか駅が見えてきません。


「あれ?そんなに遠くまで来たつもりはないんだけど………ん?」
気がつくと自分が歩いている方向と逆向きの矢印の先に北上駅と描かれた看板が見えます。

やばいやばいと笑いながらも、多少早足になる私。
引き返したはいいが、さらにうろうろしているうちに本格的に迷ってしまいました。


しかし、バス時刻は容赦なく迫ってきます。それを逃すと次はまた一時間くらい後。
しかも友達が待っているので、遅れるわけには行きません。
笑っていられる状況ではなくなってきました。


こんなことならおとなしく来た道を戻ればよかったと思うけれど、
そんな負け犬のようなことが出来るはずはありません。
それはなんというか散歩に出た者のプライドというか意地なのです。
行きと帰りは違う道を行かねばならないのです。



…もう半分走っている私。
いい加減誰かに道を訊こうにも、人があんまりいない。
恐るべし北上。


そこで見えてきたのがあの神社。
助かったと思いながら、三世代家族連れに駅までの道を尋ねると

「ここをずっと真っ直ぐに行けばいい。」

とのこと。


そんな単純な道で迷っていたのか!!!

という突っ込みはナシでお願いします。
(そんな道すら反対方向に走って行こうとしていたのも内緒の方向で)


とにかく間に合ってよかった。>既にバスは来ていてみんな乗り込んでいました。



教訓:唐黍に知らない街をひとり歩きさせてはいけない。

まさか、徒歩20分内でこんなに迷うとは…。
でもしょうがないか。
買い物帰りエレベーターから降りただけで、既に出口の方向がわからないんですから。>方向音痴過ぎ!

  11月 6日

ここ一週間でいきなり寒くなりましたね。
最低気温毎日更新。

…毎日更新なんてえらいなぁ、などと思っている
サボリ気味の唐黍でございます。

いいじゃん。最初から毎日更新だなんて言ってないしさ!


なんて逆ぎれてみましたが、いま学祭前でテンパリ気味なんで、
更新頻度が低いのは許してください。



それにしても寒い。>仙台
既に電気毛布とストーブが大活躍だ。
だけど夏用のシーツとパジャマだ。>間違ってる?


山のテッペンにあるうちの大学は
11月中旬にならないと暖房が入りません。
学祭前で夜遅くまで残っている人がたくさんいるのにです。
ちなみに暖房が入る時期でも5時すぎると消えちゃったような気がします。>たぶん…?
五時間目がある日など凍えています。
手が固まって文字がかけません。いや、マジで。
真夏と真冬はお金持ちの私立大学がうらやましくなります。


さらに唐黍はかなり冷え性です。
靴下を履いてモコモコのスリッパを履いても足が冷たくなります。



でも冬はキライじゃないです。
息が白いから。
雪が降るから。

  11月 7日

大好きなアーティストのアルバムの発売日だったり、


別に欲しいものって訳じゃなかったけれど、スクラッチが当たったり、


お店に入ったら、好きな曲が流れていたり、


思いがけず知り合いに逢ったり、


月が好きな形だったり、




そんななんてことはない小さなことで楽しくなれる、嬉しくなれる。
そんな人間の愚かさに、感謝する。


同じように、小さなことで不安になる、不機嫌になる。
そういうときは不安定な自分にやっぱりイライラするけれど…。



でもやっぱり、そんな愚かさを愛しいと思う。

  11月 8日

明日、私は鬼になる!

  11月11日

土日は学祭でした。
なんていうか、雪が降りました。

平年より2週間近く早かったそうです。
初雪のくせに、日曜の朝には10cmくらい積もってました。

暖房の効かない山の中に
雪に負けず来てくれたお客さんは物好き偉いと思いました。

当事者でさえくじけそうになりました。


だけど、ほとんどのお客さんはゲスト講演の
「詩人という「仕事」〜谷川俊太郎さんと90分」
が目的だったと思われます。

さすが日本で唯一詩だけで食っていける人
200人くらいの教室に500人以上入りました。

お話も面白かったです。


谷川氏曰く
「詩はフィクションである」

皆さんはどう思いますか?(特に自分で詩を創る方)

  11月12日

今日は特に変わったことはありませんでした。



だから、心配蘇生法をやって
すごく好みの娘がいたからってドキドキなんてしていません。

結局、男女別のグループになってしまってがっくりなんてしていません。


いませんってば!

  11月14日

髪を切ってきました。


前々から不思議に思っているんですが
皆さんよく平気な顔で髪を切ってもらえますね。

だって、髪を切ってもらっている最中、どうしても耳に触れるでしょう。

そのとき


「あっ」とか「あんっ」


って声が出そうになるのをあんなに何事もないかのように我慢しているのですね。
私も必死で我慢しますが。


顔剃りしてもらうときなんか、耳に息が吹きかかったりして


「そこは、ダ・メ。」


状態ですよね。


そんなこと思いながら、髪を切ってもらっているのは私だけではないはずですよね?


でも、今日髪を切ってくれたお姉さんごめんなさい。


しょうがないよね?耳弱いんですもの。

  11月15日

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!
き、消えたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

ここ数日の私の努力が一瞬で!!

こまめに保存してなかった自分が悪いのは分かってる。
そんなことは百も千も承知だ。

しかし、保存するとレイヤーが結合してしまうじゃないか!!!
(ひたすらスタンバイモードで終了させていた)

初めてまともにソフトを開いて、慣れない作業を頑張っていたのに。


もうその瞬間の私は思わず
「クレヨンしんちゃん」のねねちゃんが取り出す、
大きなうさぎのサンドバックぬいぐるみ

をどこからか取り出してしまうところだったよ。



そんなこんなでいまの私はものすごくやさぐれてます。

へっ、世の中所詮こんなもんさ。
世界は私の敵だ。

なに?世界征服をもくろむ私に牙をむくのか、面白い。
ははは、返り討ちにしてくれようぞ!
くらえ、「もしもボックス」!!


……なんか、ダメっぽいのでここらへんで…。

(というわけで、美輪さん、申し訳ありませんがキリ番プレゼントは今しばらくお待ちください。)

雑記目次へ

TOPへ戻る


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー