← HOME

← 詩・散文目次

 詩・散文 Side-A 021-040 

 021-040 タイトル

040 おしゃべり
039 風邪ぎみ
038 橋の上の風
037 サボテンU
036 造花の薔薇
035 金木犀
034 すすき
033 蒲公英
032 藤
031 白木蓮
030 ハミガキ
029 時計
028 雪の影
027 ひこうきぐも
026 失恋
025 考え事
024 イヤな日
023 紅茶
022 たまに見る夢
021 あいうえお〔U〕

 本編

040 おしゃべり
みんなあんなに何を話してるんだろう
今朝見たニュースのはなし?
昨日見たテレビのはなし?
これから始まる授業のこと?
それとも もっと自分のこと?

先生が来るまでの間 机につっぷして
耳だけ起きて みんなの声を聞く
あんなに一生懸命に話して
まるで沈黙を怖がるみたいに

みんなあんなに何を話してるんだろう


039 風邪ぎみ
3日前からなんかおかしい
下を向いてると 鼻水が垂れてくるし
せきがひどくて のどがいたい

こんなんじゃ バイト帰り
いつものように 鼻歌をうたうこともできないし
君との電話でも
うまく話せない

だから あんまり言葉が出てこないのは
風邪のせいなんだって

電話口の君が いつもより少しやさしいのが
たまらなくいとしい


038 橋の上の風
あたたかい昼下がりに

川の上を通ってくる風が

少し冷たいことに気がついて

君も同じことを感じていて

そんな風に

君と歩いていきたいと思った


037 サボテンU
「頑張ることをサボッテンなよ」

一生懸命生きてみよう

窓際の小さなサボテンのように

そのサボテンをくれたあの人のように


036 造花の薔薇
決して枯れないけれど

偽りの愛


035 金木犀
街灯もない
真っ暗な道

きんもくせいの
やさしい香りが

"こっちだよ"と
教えてくれた


034 すすき
自転車での帰り道

夕方の色、夕方の空気

何かの建物が建つだろう空き地の

すすき と すすき と すすき と

すすき と すすき と すすき と すすきが

みんなで「バイバイ」って

手を振ってた


033 蒲公英
たんぽぽ と ミニバラ

たんぽぽ と シロツメクサ

たんぽぽ と ヒメジオン


たんぽぽと一緒だと 少し元気に見える

そんな人になれたらいいな・・・と思う


あっちではもう綿毛になってとんでった後だ


遠くまで元気を運んでいけ


032 藤
野生の藤が咲いていた

棚の藤よりも元気そうに


"ふじ"のつく街を飛び出した君は

元気に暮らせてますか?


031 白木蓮
発泡スチロールでできてるっていったら

信じる人

てーあげて!


030 ハミガキ
時間をかけて 歯をみがける日は

心に余裕がある日

これが終わったら

次は 耳かきをしよう


029 時計
あなたにもらった目覚し時計は

奥の方にしまってあります

電池を抜いて 再び時を刻むことのないように


いまはゲームセンターでとった

目覚ましを使っているけれど

私は私の時間を生きていきます


028 雪の影
夜中の道 いつのまにか降り積もってた雪
暗いはずなのに 街灯のあかりだけでやけに明るい
もし世界に色がなくても
今 見ている風景にはならないだろう
白一色の世界
街灯が白い雪に 降ってくる雪の影を落とす
こんなに白くても 影は黒いんだと
なぜか安心した
僕の影も黒く映って
僕の吐く息は白くて
雪まみれの僕も白くて
強い風に半分だけ目を開けて 家まで歩く


027 ひこうきぐも
ちょっと濃い目の青空に

見えるのは幾本もの飛行機雲だけ


こんなに細かく区切られた空の

何分の一の夢ならば 見られるのだろう


026 失恋
失うんじゃない

もう しまっておくだけ


別にかなしくはないよ

ただ さみしいだけ


そう さみしいだけ


025 考え事
何も考えないでみたいなー なんて

また考えてる


これはもー 病気か趣味だね


024 イヤな日
心に余裕がない日

自分をキライになる日

でも

そんな日もアリでしょ


023 紅茶
あなたのために 紅茶を淹れましょう
ちょっと渋いのが好きな
あなた用の紅茶

わたしのために 紅茶を淹れましょう
ちょっとハチミツを落とした
わたし用の紅茶

レモンを垂らすと
ポッと色が変わって

そんなことを楽しみながら
ふたりのために 紅茶を淹れましょう


022 たまに見る夢
お久しぶりです お元気ですか?
昨日とても怖い夢を見ました
あなたが死んでしまう夢でした

あんなに悲しいことは初めてでした
心を誰かにつかまれているように苦しくて
むせぶように泣きました。

起きたときも 不安でした
ホントに夢かどうか自信がなくて
どうにか確かめようとしました

突然 手紙を出してもいいですか?
いきなり電話しても構いませんか?
遠い所にいるあなたに会いたい



たまに夢であなたに会います
少し大人っぽくなってるけど
昔とおんなじ声ではなしてます

あなたを思い出すと まず声です
心もち低めの軽いハスキーヴォイス
その声を好きだったの知らないでしょう?

起きたとき 少しドキドキしています
なつかしくて会いたくなります
大丈夫 なつかしいだけです

でも 手紙を出してもいいですか?
最後の手紙からずいぶん経つけど
「また会えるといいね」と書き添えて


021 あいうえお〔U〕
あくびをしても 何にも出ない
後ろで呼んでる 聞き慣れた声
おいしいお菓子は 君の手の中
器用によけて すり抜けていく
けんかしたけど ふたりおあいこ
さっきと同じ なかよしこよし
すごくたのしい とても幸せ

外に出かけて お菓子を食べた
ちょうどきれいな お花がふたつ
手と手つないで お花と君と
なみだつないで きれいな虹に
ぬり絵みたいな 夢がお昼寝
乗り遅れたら 雲の列車は
ひとりで行った 空のてふてふ

平気な顔で 嘘ついたほほ
マスクが嫌いな 寒がりおみみ
無理は承知で 頑張るおめめ
森を抜けたら 古いあの小屋
ゆらゆら揺れる 今夜は月夜
ラジオの声から 「中へお入り」
ルールを決めたら 仲間に入れ
ロウソクかかげて 遊ぶ人の輪
みんなの笑顔を
旅する冒険




← 詩・散文目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー