← HOME

← 詩・散文目次

 詩・散文 Side-B 021-040 

 021-040 タイトル

040 ため息
039 禁止事項
038 倦怠期
037 着信
036 ハンコ
035 大嫌い
034 逃避行
033 しっぽ
032 愛してる
031 形容
030 男女
029 釘
028 破壊願望
027 キスマーク2
026 めんどい
025 裾
024 切夢
023 キスマーク
022 お化粧2
021 お化粧1

 本編

040 ため息
タバコの煙のように
目に見えればいいのに

胸に溜まった気持ちが
ため息になっていくけれど
一向に気持ちが見えません


039 禁止事項
そんな声で話すから
抱きしめたくなるじゃない

それはいけないことですか?


038 倦怠期
別に何が不満というわけではないんですけど
このままでいいのだろうか?
と 最近考えてしまうんです

ときめいていますか?私は
ときめいていますか?あなたは

だけど他の誰かと付き合ったとしても
あなたと比べてしまうだろうし

その人はあなたにない部分を持っているかもしれないけど
きっとあなたの持っているどこかを持っていない

倦怠期なんてありがちな言葉で片付けないで下さい
私とあなたの問題として 私はいま現在悩んでいるんです


037 着信
お風呂から出るのが怖くって
ああ、やっぱりってなるのが怖くって
またのぼせて
ああ、やっぱりってなって
あたしは大丈夫、と自分を慰めて
真っ白い世界に逃げ込んで
ますます恋しくなる


036 ハンコ
マフラーをはずすことが出来なくなったと
あなたを突き飛ばして怒っても
見透かされているのが悔しい

ハンコがつかないあなたが羨ましくて
ハンコがつかないあなたに優越感


035 大嫌い
「大嫌い」とメールを贈って

返事を待って
待って
待って

「大大大嫌い」とメールを打って送れないで


最後の手段ですら反応がないなんて
諦めるしかないのかな


034 逃避行
どうやらお酒は性分じゃないようなので
あたしはタバコをプカプカプカ

だってお酒は酔って甘えるためのもの

タバコの煙と一緒に
心もお空へ逃避行


033 しっぽ
しっぽがついていなくてホントによかった

ウソがつけなくなっちゃうもの
淋しいってバレちゃうもの

本当の私でいるより
あなたといられる私でいたいの


032 愛してる
もっと気軽に「愛してる」って言っていいですか?


男とか女とかではなく

人として

あなたとして


031 形容
"かわいい"じゃなくて

"愛しい"と言ってください


030 男女
男なんて健全であるはずがないのです

女だって欲望の塊なんです


所詮 人なんて


029 釘
必ず釘を刺すなんて
ヒドイと思いませんか?

トンカチで殴ってやりましょう


028 破壊願望
この一歩が踏み出せないのは

大事にしたいから?
ただ勇気が足りないから?


027 キスマーク2
キスマークがつきにくい体質は

幸か
不幸か


026 めんどい
ったく めんどくさいわねぇ
なんて言えばいいの?
なんて言って欲しいの?

好きな言葉をあげるから
さっさと教えてちょうだい


025 裾
もう!あっちに行ってよ!
顔も見たくない!!



シャツの裾をつかんでる気持ちを
どうかわかってください


024 切夢
昔の恋人が夢に出てきたけど
やっぱりふたりはもう恋人じゃなくって
手もつながずに歩いているのが
不自然で
とても淋しかった

あなたのせいではじめたタバコも
もう効果がうすくなってきて
吸い終わっても
切なさは消えてくれず

正直に言ってよいものなら
とりあえずいまは
ただ
あなたに会いたいです


023 キスマーク
この小さなアザで
少しでもあなたを縛っておくことができるなら
消えてくれないで構わない
アザだらけになって構わない

例えそれが罪悪感からくるものでも
あなたが隣にいてくれるのなら
このアザが痛くて動けないと
シクシク泣いてみせるのに


022 お化粧2
あなたに会うときは特に念入りに
それは"キレイな私を見て欲しい"とかじゃなくって
薄い仮面がないと怖いから

いつも同じように微笑んでいる
あなたの仮面と合わせて

踊りましょう
いつもの仮面舞踏会で


021 お化粧1
今日お化粧をしなかったのは
"飾らない私を見て欲しい"とかじゃなくって
その方があなたが警戒しないから

「めんどくさがりだな」って言う笑顔が
いつもよりもやさしくなるから




← 詩・散文目次

← HOME



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー